アルガンオイルの保湿力にうっとり|美髪になれるアイテム

女の人

髪を労りながら染める

髪染め

紫外線まで意識する

白髪はメラニン色素となる色素細胞が受けるストレスによって、急に増える場合も挙げられています。白髪がドッと増える原因には急な環境の変化が大きく左右しており、色素細胞は頭皮環境から意識したヘアケアでダメージを改善させることが可能で、白髪の量にも結び付きます。白髪染めによって髪や頭皮へのダメージが気になる場合や、急な髪の変化によって印象を変えたくない場合にはシャンプーやトリートメントなどの普段から使える白髪ケアアイテムを導入するのもテクニックです。また加齢やストレスだけではなく、紫外線もダメージに直結するためにUV対策もポイントですが、乾燥しやすい髪や頭皮にはヒアルロン酸やシアバターなどの潤いUVベール成分配合タイプの白髪ケア製品がゴワつき、パサつきなどまで改善させられます。

しっかり染まる内容

白髪のホームケアが近年、男女ともに主流となるものの、時間がかかる・香りがキツい・襟足や根元まで染まらないなど、白髪染めの染料に難色が示されています。髪の量や太さ、クセの有無しなどによって、染め上がりなどの仕上がりには違いがあり、また施術時間や温度によっても色の付き方には違いが生じてしまいます。色落ちを抑えるためにも、市販品の場合にはカラーコート剤が配合されていることも表示確認しておきたい内容で、白髪の悩みとなるパサつきや艶の低下といったトラブルを防ぎ、髪色をキープできます。パーマのかかりにくい髪や太く硬い髪の場合、白髪染め染料が浸透しにくいため、長めに時間をおき、ヘアキャップやラップで覆うと効果的です。一度染めた場合、白髪染めは定期的に行うことで染めムラが気にならないため、部分染めや白髪隠しなどの根元にアプローチできるヘアアイテムを導入することも得策です。